バンコクのレディーボーイ事情

2016年4月23日

バンコクのレディーボーイ事情

バンコクの風俗で遊ぶ時に気を付けたいのがレディーボーイの存在。可愛い子がまさかの男の娘だった!と言う事がバンコクでは良くあります。レディーボーイの見分け方をちゃんと把握しておきましょう。

レディーボーイって何?

バンコクのレディーボーイ事情 引用:http://www.zimbio.com/

レディーボーイとは日本でいうニューハーフです。肝心の竿の部分は付いてたり付いていなかったりします。
見た目ではほぼ女性と変わらない方や、見た目がごつくほぼ男やん!といった方まで幅広くいます。

レディーボーイの見分け方

レディーボーイの中には本当に男!?といったレベルの容姿になっているレディーボーイも多いです。
ホテルに行ってから気づいてももう手遅れです。手遅れになる前に見分け方をちゃんと把握していきましょう。

ぱっと見の容姿

おっさんのようなレディーボーイ

基本的にぱっと見で分かるレディーボーイは多いです。自分の直感を信じましょう。

人間は凄いものでぱっと見ただけで、あれ?何か違和感があるなと感じる事が多いそうです。

骨格

骨格

タイの女性の平均身長は159cmなので、身長が170cmぐらいあるなと思ったらレディーボーイかもしれません。

又、えら、喉仏、肩幅、背中がごつかったりするとレディーボーイの確率はグンとあがります。

手、足

足

整形大国のタイでもほぼ整形してる人がいないのが、手と足です。なので、ちゃんとチャックしてみると男性っぽい感じが感じられるかもしれません。

ここまで見分け方を説明しましたが、正直に言いますと全くレディーボーイには見えないレディーボーイもいるので上記の見分け方は参考程度に考えてください。
私的には自分が気づかなければ、レディーボーイでもいいやん!と思います。さすがに竿が付いている場合は手を引きますが。。。笑

レディーボーイ専門の風俗店が多数ある

オブセッション バンコクで随一と言われているレディーボーイ専門店オブセッション

バンコクにはレディーボーイの専門店が数多く存在しています。
普通の風俗店の女の子より可愛い子がいたりするので、バンコクに行ったら1回は怖いもの見たさでもいいのでレディーボーイ専門店に行ってみる事もいいかもしれません。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

  • ゴーゴーバーって何?三大地帯と注意点も含めてレクチャー!

    ゴーゴーバーとは、お店の中にはステージがあり、その上で水着姿の女の子がダンスをしている所です。 お客はドリンクを飲みながら可愛い女の子のダンスを眺めることが出来る。お金を払えば店外デートもできてしまう男性であれば素晴らしいと思う場所のこと。

    ナナプラザ
  • 飲んで大丈夫?タイの飲料水事情!

    タイを旅行する時に一番気になる事と言えば、水道水は飲んでも大丈夫なのかな?飲食店の水は安全なのかな?といった事ではないでしょうか?安全な飲料水を入手する方法、水道水がどうなっているかなどを含め解説したいと思います。

    飲んで大丈夫?タイの飲料水事情!
  • バンコクでクレジットカードを使うのはダメ?注意点も含めて簡単レクチャー!

    まず最初に、海外旅行に慣れていない人はバンコクでクレジットカードはあまり使うべきではないでしょう。クレジットカード犯罪に巻き込まれないように、防衛策と一緒にクレジットカードの有効的な使い方を学びましょう!

    バンコクでクレジットカードを使うのはダメ?注意点も含めて簡単レクチャー!
  • バンコクに行くときに持っていきたい物リスト

    荷物をあまり多く持っていきたくない!でも必要な物は持って行かなくちゃ!という方にバンコクに行くときに持っていくと役に立つアイテムを紹介します。

    コンドーム
  • 日本人運営のナイトクラブに行ってきた。【DIANA BANKOK】

    2010年のオープン以来、東京における最先端のクラブシーンを常に牽引してきたCLUB DIANA。 このDIANAが去年、12月にトンローソイ10にてオープンしたという事で取材へ出掛けた。 ここトンローソイ10はセンスの良い飲食店やアパレル店等が数多く点在する、バンコクでも指折りのハイソエリア。近隣にはFunky VillaやMuse等、ローカルディスコが軒並ぶ注目のナイトスポットでもある。

    ディアナバンコク

コメントをどしどし募集中です

コメントを残す